様々な事

 現代は何処の国も自国以外の人が多くおられ、様々の言語が飛び交っております。日本の言語は外国の方にとって大層難しいと云われております。カタカナあり、平仮名があり、そして漢字は一つの文字に読み方が何種類もあって、意味の全く異なる場合もありますから、日本で育った者でも完全に覚えているとは限りません。たまに思い立って国語辞典等を開いてみると、聞いた事もない言語が表れて来たりして驚く事がありますが、一つでも覚えて損はないと思います。漢字は、その昔中国から渡来した字が多いと云われておりますが、それと共に秀でた学僧や技術者の渡来も多く文化に寄与したと聞きます。然し、文字の読み方や発音は中国とは全く異なりますから、その辺りの歴史を調べてみるのも面白いかもしれませんし、新しい発見があるかもしれません。

 私が祭壇で唱えるお経の中には古代サンスクリットも含まれています。またお経の発音は中国に由来するものも多数あります。日常では使われない言葉が殆どですが、一字一句の意味は深く、唱えている間に身に沁みて来ます。世の中で自分を磨いて行く方法は沢山ありますが、経本を読み、字の意味を考えて、心に残して行くのも、静かな立派な修行であると思います。ただ、それに囚われるのではなく、あくまでも自分を深い人間に成長させる為であります。また、先祖が癒されるのも、一つはお経そのものの持つ力にあると思います。

 さて、コロナ禍に災いされて、最早一年有余になります。何処から始まり、どう云う経緯を辿って世界中に蔓延して仕舞ったのかさえ最初は不明でしたが、徐々に解明されて対応されて行く事でしょう。全ての日常が変らざるを得ないと云った、このような時代は正に突然の出来事でした。敵が視野に入っているものなら、戦い方もあるでしょうが、目に見えない小さなウィルスと云う敵は、対処するにも手探りで対処して行くしかないと思います。長い歴史の中には、マラリアや黄熱病、インフルエンザ、結核、ペスト、チフス等々数々の病魔がありました。その度に人は、必死に対策を講じて来ましたが、完全撲滅は未だされていないものも多くあります。然し、その為の研究は今も尚、営々と続けておられる方も多く、その方達には心から感謝したいと思います。いつか全ての病が完治出来る様になる事を信じて祈るばかりであります。

 最近、コロナ禍の影響で家庭にいる人達が多くなったせいか、料理をする人が男女問わず多くなったと云われています。家庭で戴く料理は難しいものよりも、シンプルで見た目も食欲をそそる様な美的感覚を感じられたら楽しいだろうと思います。男子厨房に入るべからずと云われた時代もありましたが、自分が食する物を美味しく作るのは、人間として幸せだと思いますし、意外に料理に詳しく上手な男性が沢山おられると思います。疎かになりがちだった家族とのコミュニケーションにも一役買っているかもしれませんね。私の家にその時期に最も美味しいお野菜を送って下さる方がおられます。本当に手をかけたお野菜はこんなに美味しいものだと感動し、有り難く戴いておりますが、それを作っておられる方も男性であります。植物に対する細やかな愛情が感じられるのは、その方の性格だけではなく、人間性であり、男性特有の冷静かつ論理的なデリカシーだと思います。一家の主である人や、希望に満ちた若い人達が家族と共に美味しいものを作って戴く楽しい一刻は人間の成長にも欠かせない時間だと思います。そう云う家庭で育った子供はまともで素直である人が多いのを感じる場合が良くあります。食卓は明るく楽しいものでありたいですね。そしてそれを作るのは大人の男性であり女性であります。話題も明るくです。コロナ禍を嘆いていても仕方ありませんから、自分の家庭、自分の日常を豊かにする為の心遣いを自分に課してみたら、案外な発見もあるかと思います。楽しい食事を楽しみたいですね。健やかな精神と身体は何よりも強く誇りとなります。美味しい物を食べて、枝葉末節に敏感にならず生きる事は、人間として生まれた者の言わば責務だと思います。皆で大らかに賢明になれば、明るい良い事が舞い込んで来るでしょう。

 人間は、生きているだけで他人にもお世話になり、迷惑をかけているものです。謙虚と配慮は、自分の品格を表わします。昔、そう云われて来た人は、時代が変ったのだと云い、その文字に死語同然等と口にする人が時々おりますが、それは事の本質とは明らかに異なる解釈だと思います。それを強く云った人の姿勢が現代に受け入れられない形だったと云う事で、同一に考えるべきものではないでしょう。謙虚や人に対する配慮を怠る事は、人間性や品格をも否定しているものと思います。

 私の父方の祖父は大阪商船の社員で外国航路に出る事が多かった人ですが、船内の客に時折傲慢な人がいて、腹立たしい思いをする事があったそうです。祖父はそんな話の時に「人間は感情の動物だから怒りもする。しかし、それを表に出すのは自分の格を下げる事だから」と話す事がありました。何事も感情の赴く侭の発言はプラスに働く事は少ないものです。常に人間としての本質を大切に考える事だと思います。

私がお伝えしているのは、楽しい幸せな人生を送る為の示唆であります。健康を第一に皆で希望ある人生を送りたいものであります。